映画 マイノリティ リポート あらすじ

マイノリティ あらすじ リポート

Add: ymyxe2 - Date: 2020-11-27 11:53:18 - Views: 6299 - Clicks: 3410

マイノリティリポート、実はその後を描いた続編がドラマで公開されています。再び集められたプリゴグの運命や、未来犯罪者たちがその後どう扱われたか?などの映画の続きの世界を垣間見れるのでぜひおすすめです!Netflixなどで見れるのでぜひ! 以下のリンクからもDVDを購入できます!. マイノリティ・リポート の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォト. Cの殺人発生率は0%になっていた。 その理由は、プリコグと呼ばれる預言者の3人による殺人予知システムを構築したからだ。 具体的なシステムの内容は、預言者であるプリコグの3人が殺人事件を事前に予知し、それに基づいて犯罪予防局の刑事たちが事件を未善に食い止めるというもの。 犯罪予防局のジョン・アンダートンは、6年前に息子を殺害された過去から、この犯罪予防システムに執心するようになる。 システムの全国規模での導入に対する国民投票が行われることとなり、調査のために司法調査官のダニー・ウィットワーがプリコグのシステムを視察しに来る。 その時、プリコグの一人「アガサ」が突然過去の事件の映像を見せてきた。 これはエコーと呼ばれる現象で、気になって調べてみるものの結局この映像がなんだったのかはわからなかった。 後日、プリコグたちが新たな殺人事件を予知した。 その内容がなんとジョンが全く知らない男を銃殺するというものだった。 刑事から一転殺人事件の容疑者になったジョンは、その場から逃走。 なぜ自分が殺人事件の容疑者になったのか?それを知るためにジョンはウィットワーたちの追跡を逃れながらプリコグの秘密を探っていくのだった。. 年に公開されたトム・クルーズ主演のSF映画「マイノリティ・リポート」。 舞台は年のワシントンD. すでに10年前の映画ですが、今見ても普通に面白いです。 設定が秀逸だしストーリーもシンプルでわかりやすい。 SF映画が好きな方はぜひチェックしてみてください。 冒頭でも書きましたが、Amazonのプライム会員になれば視聴可能なので、この機会にぜひ登録してみてください。 30日間のお試し期間内に解約すれば無料でマイノリティリポートが観れます。 ● Amazonプライムビデオ無料体験 ではでは。 以上、【ネタバレあり】映画「マイノリティ・リポート」のあらすじと感想。非人道的システムの運用.

映画「マイノリティ・リポート」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。 /9/1 更新. 映画『マイノリティ・リポート』のフル動画を無料視聴する方法、作品概要をご紹介しました。 動画配信サービスの無料キャンペーン期間を活用すれば、違法アップロードされた動画よりも安全かつ高画質で映画『マイノリティ・リポート』を無料で見. マイノリティ・リポート ネタバレ あらすじ 結末 感想・評価 あらすじ トム・クルーズ主演のSF映画、未来予知が可能になった世界で未然に犯罪を防ぐ捜査官を演じています。 近未来世界で言葉で家電などの操作が可能になっていたり、キネクトのように体の動きを読み取り操作が出来るように.

『マイノリティ・リポート』の面白さは、信ぴょう性のある近未来世界観だけではない。設定や内容が複雑になりがちなSF作品に対してストーリーを明確にして、ギャグ・人間ドラマ・アクションを加えて、ライトなエンタメ作品に仕上げていること。その上で、現実崩壊感覚を得意とした原作者フィリップ・K・ディック氏(1928~1982)ならではのダークな側面を生かし、進歩した技術によって個人の行動や志向などの情報が管理されてしまったディストピア的要素をきっちりと描いていることにもある。 また、俳優たちの真に迫る演技もスピルバーグ監督のこだわりがみえる。監督はブルースクリーン&CG技術が当たり前になった年代に、本物の環境下で演じてほしいとセットにこだわり、俳優陣を最大限フォローした。 よってライト層も楽しめるエンタメ作でありながら、クリエイターやエンジニアの心を動かす作品になった。同作に携わった Oblong Industries 社が、撮影終了後も空間で手を動かすことで操作できる映像システム「g-speak」の開発に精力的に取り組んだことからも、『マイノリティ・リポート』がいかに作り手に影響を与える作品であったかがうかがえるだろう。もちろん影響を受けたのはエンジニアだけではない。本作にインスパイアされたような映画・ドラマ・アニメが年以降世界中で製作され続けたことからも、SF映画の金字塔になったことは周知の事実である。. See full list on cinematoday. マイノリティ・リポートやっぱおもしろいい!!! スピルバーグのこーゆー近代SFはすこ。. 予知能力保持者が存在し,殺人事件の加害者が事件を起こす前に犯人を逮捕できるようになった未来の世界。そこで事件を. 今回は『マイノリティ・リポート』をレビューしていきます。 原作は フィリップ・K・ディック の短編小説で、彼は他にも「ブレードランナー」「トータルリコール」など、 SF映画の金字塔と呼ぶべき作品たちの原作者 でもあります。. フィリップ・K・ディックの短編小説『マイノリティ・リポート』(旧題:『少数報告』)(The Minority Report)をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した作品で、トム・クルーズ. 『マイノリティ・リポート』(Minority Report)は、年に公開されたアメリカのSF映画。ドリームワークス作品。. 映画:マイノリティ・リポート あらすじ ※レビュー部分はネタバレあり トム・クルーズ主演、スピルバーグ監督によるSFサスペンス「マイノリティ・リポート」。 舞台は殺人予知が可能になった未来。しかし、"殺人のない社会"の影には深い闇が潜んでいた。 そのカギを握るのは.

年に公開された大好きなSF映画『マイノリティ・リポート』をご紹介します。 また主演を務めたのは、ハリウッドの大スタートム・クルーズ。 彼のキレの良いアクションがあることで、本作品はスピード感あふれるSF娯楽作品に. ● トム・クルーズ(主演): ジョン・アンダートン役 映画 マイノリティ リポート あらすじ 犯罪予防局の刑事。6年前に息子のショーンが殺害された過去から、犯罪予防に力を注ぐようになった。辛い過去からドラッグを服用している ● コリン・ファレル: ダニー・ウィットワー役 映画 マイノリティ リポート あらすじ 司法省調査官。プリコグの殺人予知システムに欠落がないかを調査しに来た。 ● マックス・フォン・シドー: ラマー・バージェス局長役 犯罪予防局の局長。 ● サマンサ・モートン: アガサ役 プリコグと呼ばれる預言者のうちの1人。 ● ロイス・スミス: アイリス・ハイネマン博士役 プリコグ殺人予知システムの考案者。 ● キャスリン・モリス: ララ・クラーク役 ジョンの妻。. 動画視聴で楽天ポイント貯まる楽天TV(Rakuten TV)!【マイノリティ・リポート】SF・超常現象映画の洋画。【あらすじ】西暦年、ワシントンDC。政府は膨大な凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を開. 【監督】 スティーヴン・スピルバーグ 【脚本】ジョン・コーエン スコット・フランク 【原作】 フィリップ・K・ディック フィリップ・K・ディック「マイノリティ・リポート」 【配給】 20世紀フォックス 【製作国】アメリカ合衆国 【公開日】年12月7日(日本) 【上映時間】145分.

. まぁショボイのもありますがね~☆。ストーリーの詳細をラストまで,感想,解説,批評,原題,邦題,製作年,製作国,上映時間,出演者,キャスト. 映画 マイノリティ リポート あらすじ See full list on blog. プリコグは殺人を予知し、その予知をもとに刑事たちが殺人事件を未然に防ぎます。 映画 マイノリティ リポート あらすじ ということは容疑者となった人間は自分が罪を犯す前に捕まってしまうわけです。 まだ罪を犯してくても「いやプリコグの予知があったから」と一切の弁明は認められません。 殺人が未然に防げる反面、プリコグの予知が正しいという前提で構築された、実に恐ろしいシステムでもあります。. マイノリティ・リポート 年公開のアメリカ映画。主演 トム・クルーズ。監督 スティーヴン・スピルバーグ。 (C) FOX AND 映画 マイノリティ リポート あらすじ DREAMWORKS LLC. プリコグの3人は、水槽みたいな場所に入れられ24時間管理されています。 彼らに人権などなく、ただ殺人を予知するためだけに存在しているのです。 しかし彼らは普通の人間。 普通に生きて普通に死ぬ権利があります。 このプリコグのシステムはその人間の権利を奪う非人道的な仕組みなのです。 一体誰がこんな非人道的なシステムの運用を決定したのでしょうか・・・。. マイノリティ・リポートの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。年のワシントン。プリコグと呼ばれる予知能力者が未来の.

ストーリーがよく練られていて、見ていて飽きない映画でした!特に、謎が最後の最後まで解けず、次が常に気になる構成で大満足の映画です。 また、犯罪予知システムという特殊な設定を存分に活かした納得のトリックで名作と言われる理由がよくわかりましたね!!. マイノリティ・リポートっていう映画がすごく面白いのでオススメです Vtuber 新人Vtuber 映画 — Octo. All Rights Reserved.

西暦年。殺人を事前に予知する3人の予知能力者・プリコグを中心とした犯罪予知システムと、殺人を犯す前に犯人を逮捕できる組織・犯罪予防局が生まれたことで、ワシントンDCの殺人犯罪率は0%になっていました。 そんな犯罪予防局のチーフとして働きながら、最愛の息子を失った悲しみから薬漬けの日々を送っていたジョン・アンダートン。 彼はある日、普段は立ち入りを禁じられているプリコグのいる場所に足を踏み入れたことで、プリコグの1人・アガサに過去の事件のものと思われる映像を見せられました。 その事件に興味を持ったジョンは事件について調査を始めるのですが. 人には誰でも可能性をもっていると、この映画で伝えたかったように思いました。 希望を与えてくれる映画です。 『マイノリティ・リポート』が観れる動画配信サービス. ALL RIGHTS RESERVED. 『マイノリティ・リポート』は、まだ終わってはいなかった。約13年越しにドラマ「マイノリティ・リポート」として続編が作られていたのだ。ドラマ版でも技術が発達した今だからこそ創造できた40年後のタッチパネルや運命の相手を探せるDNAシステムなど、リアリティーのある未来技術は健在。 さらにプリコグたちの3人の本当の役割、犯罪予知システムによって逮捕された未来殺人犯たちが映画後にどのように扱われていたのか、映画版では明かされなかった謎が、ドラマ「マイノリティ・リポート」で明かされている。未来予知者は予知から逃れることはできない。スピルバーグが製作総指揮に参加した「マイノリティ・リポート」は、再びわたしたちに近未来とエンターテインメントが融合した世界を与えてくれる。 『マイノリティ・リポート』DVDは発売中 税抜き価格:1,905円 「マイノリティ・リポート」はデジタル配信中、DVD発売中、レンタル開始中 DVDコレクターズBOX(5枚組) 税抜き価格:8,000円 (C) Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

眼球を取り替え、網膜スキャナーを突破したジョンは三人のプリゴグの中でも最も力が強くリーダー的存在であるアガサを誘拐する。しかし、アガサの脳内を探るもマイノリティリポートは存在せず、ジョンの犯罪予知は完全なものであった事がわかる。 そこから、アガサの予知能力の助けもあり犯罪防止ユニットからうまく逃げ延びるのですが、たどり着いたホテルは予知イメージで見たホテルでした。そこから、ジョンは自分に何が起こるのかに興味を抱き、ホテルのフロントで自分が殺すと予知されたリオ・クロウ=被害者の部屋を確認する。その後、被害者の部屋へ向かい忍び込むとベッドには大量の子供の写真が落ちていた。その中に、ジョンは行方不明となっている自分の息子の写真を見つけてしまう。 この写真を見てジョンは全てを悟り「この後、自分は自分の息子を殺した犯人に復讐するのだ」とアガサに告げます。アガサは「今なら未来を変えられる」と考え直すように言いますが、ジョンは聞き入れずクロウに迫る。しかし、最後の最後に思いとどまり警察として逮捕することを決意する。しかし、なぜかクロウは殺してくれるよう懇願しジョンが握っていた銃で自殺してしまう。. 本作マイノリティ・リポートは、年という未来の世界が舞台です。 こういうSF映画によくあるのが、新聞紙や雑誌などの紙媒体に映像が流れるテクノロジー。 正直あれ意味不明なんですよね・・・。 技術的にできるどうこうの話ではなくて、別に紙媒体に映像を流す必要があるのかと・・・。 だって動画が見たいならスマホとかタブレットで見ればいいじゃん。 わざわざ新聞紙で動画を見る必要あります? 動画のデメリットって10分の動画だったら絶対に10分見なきゃいけないことです。 これが文章なら、読む人のスピードによって時間をコントロールできます。 動画だとそれができない。 だから、わざわざ紙媒体に映像を流す意味があるのかって思ってる自分です。 ハリーポッターでも紙媒体に映像が流れるのがデフォルトだし。 技術的にできたとしても、それをやる必要があるようには思えません。. と、スティーヴン・スピルバーグ監督らが想像した近未来の科学がギュッと詰め込まれている。 最先端のガジェットが描かれる一方で、近未来SF映画では定番の、ワープ技術やタイムトラベルなどは描かれておらず、眼鏡や自転車、新聞配達などの「アナログ」なガジェットも登場する。そのため劇中に登場する技術は「夢のような遠い存在」ではなく、今の生活の延長線上にある「将来開発されうるもの」かのように想像が膨らむ。 実際、劇中の技術は、「最高のSFは事実や未来の事実に基づいている」と考えたスピルバーグ監督によって集められた全米の専門家・学者たちに検討されて生み出された。遺伝学的なミスと科学が絡み合って偶然誕生したと明言されているプリコグ(未来予知者)以外の技術は、理論的に可能なものばかりだ。プリコグたちの脳内を可視化するモニターだって、マサチューセッツ工科大学の協力の下で理論を組み立てられている。 映画では未来的に映っていた網膜や虹彩といった瞳を使った生体認証は、スマートフォンのロックシステムにも取り入れられるような身近な存在になり、個人に向けて展開される広告はインターネットを開くたびに常に味わえるようになった。犯罪予知システムに関しては、過去の犯罪履歴などのデータを基に危険人物を予測するソフトウェアをロンドン警視庁やマイクロソフト社が開発中と報じられている。『マイノリティ・リポート』の“預言者”ぶりには. 今回はsf映画『マイノリティ・リポート』をまだ見ていない方に向けて、あらすじ、感想、視聴方法を紹介します。 google. 年公開し世界中で大ヒットとなったsf映画「マイノリティ・リポート」 今となっては世界中で彼を知らない人物は居ないだろうと言える程ハリウッド界の大物俳優 トム・クルーズ主演、更に数々のヒット作を世に送り出したスティーヴン・スピルバーグが手を組んだ本作品。. ↓↓ 「マイノリティ・リポート」を今すぐ観る人は ↓↓ >>マイノリティ・リポートを今すぐ無料で観る << 31日間の無料お試し期間内に解約すれば一切料金はかかりません. 自分が犯罪を起こすわけがないと信じているジョンはシステムの不具合を疑い犯罪予知システム開発者の元を訪れます。開発者によると、プリゴグ3人の予知イメージが揃わないこともあり、揃わない際には少数派の予知イメージを削除されると聞きます。しかし、世間にはシステムを完璧に見せるためにそのことは隠されているというのです。そこで、ジョンは開発者に一人だけ違った予知をした報告、つまりマイノリティリポート(少数報告)を探すように開発者に言われます。 ジョンは、マイノリティリポートがプリゴグの脳内にあることを知り、プリゴグがいる自分の元勤務先である犯罪防止センターに潜入することを決める。網膜スキャナーを掻い潜る必要があるため、眼球の取り替え手術を行いスラム街に潜伏する。. 映画『マイノリティ・リポート』()私の評価は記事内のみ掲載。皆の平均評価・映画情報・予告動画。年のワシントン。プリコグと呼ばれる予知能力者が未来の殺人を予知、犯罪予防局が未然に逮捕することで犯罪が90%減少していた。犯罪予防局のアンダートンは最もそのシステムを信じ.

プリコグの予知は完璧でした。 ただ、その完璧なプリコグを使うのは完璧ではない人間です。 人間は間違いを犯すし、道を踏み外すものです。 結局使う人間が完璧ではないという前提でシステムを構築しないと、隠蔽、改ざんがし放題です。 プリコグの予知システムは非現実的かもしれませんが、将来的には、「人工知能を使って犯罪予備軍みたいな人たちを抽出して監視する」みたいな世界が実現するんじゃないかと思っている自分です。. (C) Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. マイノリティ・リポート♥minority report♥♥あらすじ・ネタバレだけでなくレビューをキチンとしています。1999年のスタート以来、全作品!

『マイノリティ・リポート』は年の映画。『マイノリティ・リポート』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール. See full list on myjourney. 映画『マイノリティ・リポート』のネタバレあらすじを結末で紹介し、続編ドラマについても解説します。映画『マイノリティ・リポート』はスティーブン・スピルバーグとトム・クルーズがタッグを組んだSFサスペンス映画です。原作はSF作家の大御所フィリップ・K・ディックということも.

さて、こんな感じの犯罪予知がテーマになっているドラマ・アニメが非常に話題なっていますね。特に、PSYCHO-PASSや絶対零度などはこの類の代表的な作品でしょう。 タイトルにもありますが、実際パクリかどうか?と聞かれたら、パクリではないと思います。このインターネット時代でみんなの情報が管理されるようになった。また、AIや脳神経科学の進化により実際に犯罪予知が実現可能な未来として見え始めているから、このような作品が生まれるのでしょう。PSYCHO-PASSの人間の脳使ってる?みたいな設定はパクリくさいけどw こういったディストピア、パノプティコンは実際に現実として起こり得ます。事実、監視カメラによって万引きを防止するシステムは既に確立され実用段階に移っています。このようなパノプティコンの芽に対して疑問を投げかけるといった意味でこういった作品群が作成されているのだと思います。 皆さんも、この機会に自分の未来の生活を思い描いては?. マイノリティ・リポート()の映画情報。評価レビュー 2450件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:トム・クルーズ 他。 西暦年、ワシントンDC。政府は度重なる凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を採用し、大きな成果をあげていた。. C。 映画を観る前はなんの情報も入れてなかったので、人工知能を使って殺人事件を未然に防ぐ話なのかと思ったら、まさかの超能力者を使って犯罪予知システムを構築するとは、なかなか面白い設定です。 犯罪予防局のジョンは息子を誘拐殺害された過去から、このプリコグの犯罪予知システムに執心するのですが、何故かプリコグの予知に自分が見知らぬ男を銃殺している映像が流れます。 これは誰かの罠なのか? それとも本当の予知なのか? 刑事から一転容疑者になったジョンは逃走しながら、その謎を探るため、そしてプリコグのシステムの秘密を探るために行動します。 ユニークな設定、シンプルなストーリー、程よく散りばめられてるアクション、予知は本当に正しいのかという謎、暴かれていく陰謀、どんどんマイノリティ・リポートの世界観に引き込まれ、あっという間に2時間が過ぎました。 いや〜面白かったです。 技術革新が著しい昨今ですが、技術は万能ではないし、ましてや予知能力などかなりの眉唾もの。 新しい技術に頼るのはいいですが過信しすぎるととんでもない事態を招きます。 しかし、犯罪予防局の人たちは崇高な思想のもとにプリコグの予知能力を完全に信じていました。 そんな状況に一石を投じたのが司法調査官のダニー・ウィットワー。 彼は非常に優秀な男でした。 みんなが信じているプリコグの犯罪予防システムに欠落はないかを疑い、ジョンが容疑者になると彼を捕まえるためにプリコグのシステムを使うウィットワー。 プリコグのシステムを完全に信じていなくとも、目的達成のためには使うものは使うという合理的主義者。マジで優秀です。 映画 マイノリティ リポート あらすじ そして、ウィットワーはラマー・バージェス局長とプリコグの秘密に誰よりも早く気づくのです。 残念ながら結局ウィットワーはラマーに殺されてしまうのですが、間違いなく登場人物の中で一番優秀な男でした。 ジョンとのアクションシーンでも、ジョンと互角に戦っていたし。 そして、やはりプリコグの予知通りジョンは見知らぬ男を殺してしまうのでしょうか? 結論からいうと殺してしまいます。 自分は最初の段階でジョンの殺人について3つのパターンを想定していました。 ・自己防衛のためにやむなく殺害 ・息子を殺した男だと判明して殺. 映画『マイノリティ・リポート』自分の未来は自分のもの 未来は自分で決める Tweet 西暦年、殺人を予知するシステムプリコグによってワシントンは殺人が全くない世界になっていました。. See full list on filmest.

。. 冒頭からマンガ『サイコパス』に似た設定、狂気的な犯罪シーンで惹き込まれ、そこからさらにSF映像やアクションシーン、ゲームのような面白い展開で盛り上がっていき、最後にイヤミス感のあるラストで締めるという、最初から最後までテンション上がりっぱなしの魅力的な映画になっていました! ミステリー好きな方、SF映画がお好きな方にはもちろんのこと、イヤミス感のあるSFミステリーがお好きな方にイチオシな映画です!. ITS RELATED ENTITIES. . 【映画】「マイノリティー・リポート」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】 03. スペアシアターへようこそ! com/channel/UCF3rm4a7ZTvtSOZA3X83RIQ年のSF映画です。18年前. 映画「マイノリティリポート」は、「ブレードランナー」「トータル・リコール 」の原作者でも知られるフィリップ・k・ディックの短編小説をスピルバーグ監督が映画化した作品です。.

原 題: minority report 製作年: 年. SFミステリーとして個人的に好きなものが詰まっている映画で、最初からラストの結末まで楽しみ尽くすことができました。また1度の視聴で楽しむだけでなく、ラストを知った上でまた最初から観てみても新たな発見がありつつ楽しめる作品だと思われるので、また機会があれば観直したいと思います。 SFミステリーがお好きな方、イヤミス感のあるラストがお好きな方にはぜひチェックしていただきたいです!. Q:マイノリティ・リポートを無料で見れないかな・・ A:ひと手間かければOKです。 「どっかに映画落ちてないかな?」「無料 映画 タイトル」で検索。どこかで諦めつつ、見つからない事を前提にGYAO、YOUTUBEや海外の怪しいサイトなどを探してしまいます。古い映画や、B級映画などは見つかる. マイノリティリポートの舞台は近未来、予知能力者の出現によって犯罪の予知システムが完成、犯人を事前に未来殺人罪という名前で取り締まれるようになった世界です。主人公のジョン・アンダートン(トム・クルーズ)は犯罪予知・防止ユニットのリーダーです。ある日、彼は自分が殺人を犯してしまうとの予知を知ってしまいます。 ジョンは自分が逮捕されないように、その場から逃げ出します。そんな中、システムの根幹をなす3人のプリゴグ(予知能力者)のうち一人の予知イメージが欠落している事件が過去にあったことに気づきます。.

『マイノリティ・リポート』()は、予知された犯罪を未然に防ぐシステムが構築された未来を描くsf映画です。 監督は巨匠スティーブン・スピルバーグ、主演トム・クルーズ。. 本作「マイノリティ・リポート」の10年後の世界を描いた「ドラマ マイノリティ・リポート」という続編があります。 年9月21日に放送が始まり、全10話で完結しました。 続編ではトム・クルーズは出演しませんが、興味ある方はチェックしてみてください。. パノプティコンについて考えるのであればこのような映画もいいでしょう!自分は過去に飛行機内で見たのですが、予告編から予想する通りの胸糞悪い映画でした。(悪い意味ではない) 正直、観るのにはそれなりの体力が必要かと思うので覚悟してくださいw 参考映画:サークル. ここでは実際に映画「マイノリティ・リポート」を見ての評価と感想を書いています。 あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。 マイノリティ・リポートの評価・・・4つ星.

結局真犯人を見つけることなく終わってしまったがジョンの息子・ショーンは生きているのか、なぜプリコグはクロウ死亡事件でジョンが犯人だと予知したのかについて考察していきます。 あくまでも個人的な考察なのでこれが正解というわけではありませんが、参考程度に見て頂けると幸いです!. com, pub, DIRECT, f08c47fec0942fa0. 『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』のホバーボードが商品化されるというニュースが報じられた時、世の中の反応は「まさか!」「夢だった!」と驚きの声が多く上がった。しかし『マイノリティ・リポート』のアイコン的ガジェットでもある、空間で操作できるホログラム技術が登場したときには、驚きよりも「ついにこの時代が来たのか」と感慨にひたる声の方が大きかった。なぜか。その秘密は『マイノリティ・リポート』の冒頭20分が描く未来のリアルさにある。.

映画 マイノリティ リポート あらすじ

email: xabowo@gmail.com - phone:(611) 230-5478 x 8998

ビーバップ ミノル - ボックス

-> ジェイソン ステイサム 画像
-> アダムス ファミリー 2 無料

映画 マイノリティ リポート あらすじ -


Sitemap 1

大罪 メリオダス 七 つの 大罪 壁紙 - ジョルジュ